季節ネタ

入学祝いの相場はいくら?小学校/中学校/高校/大学

身内や親せきの子どもへの入学祝いはいくらくらい包めばよいのでしょう。
入学祝いの金額の相場を調べてみました。

小学校の入学祝いの相場

祖父母は10,000円~30,000円、親戚は3,000円~5,000円が相場です。
本人が喜ぶプレゼントなども一緒に渡せるので、金額はそんなに多くなくても大丈夫です。
自由に使える現金ではなく、図書カードやギフト券など、その子の学習や生活に役立てられる贈りものをする人も多いようですね。

中学校の入学祝いの相場

祖父母は10,000円~30,000円、親戚は3,000円~5,000円が相場です。
中学校に進学しても、お祝い金の相場は変わりません。
中学生も、学校で使える小物などを一緒に渡しても良いですね。

高校の入学祝いの相場

祖父母は10,000円~30,000円、親戚は10,000円が相場です。
祖父母はこれまでと変わらないですが、孫にねだられたら大きなプレゼント(ブランド品とかノートパソコン、今だとタブレットでしょうか)も一緒にあげることも多いようです。バランスを考えて金額を決めましょう。

大学の入学祝いの相場

祖父母は10,000円~30,000円、親戚は10,000円が相場です。
大学に進むと、さまざまな準備にお金が必要です。
基本相場は高校の時と変わらなくても、実際はちょっと多めの金額を渡す場合が多いかもしれません。
春からひとり暮らしをはじめる子には、家電を購入してプレゼントすることもあるので、その場合のお祝い金は添える程度で大丈夫です。
新生活に必要なものを渡せるように、本人からのリクエストを聞いておきましょう。

入学祝いを渡すときのマナー

入学祝いはのし袋へ入れて渡しましょう。お年玉と同じ感覚で渡してはいけません。
金額が10,000円以上の場合は紅白の蝶結びの水引がついたのし袋を選択します。
10,000円に満たない場合は、水引が印刷になっている袋で大丈夫です。
直接手渡すならお祝いの言葉があれば十分ですが、遠方の親戚に送る場合は添え状もつけるのもよいです。

熨斗(のし)の表書きは?

表書き(水引の上に空いたスペース)には「御祝」と書くのが一般的です。もしくは、「御入学御祝」、高校・大学に合格したときは「合格御祝」のメッセージを使いましょう。

入学祝いを渡す時期

入学祝いを渡す時期は、入学式の1ヶ月前ごろ(遅くても3月中には)が目安です。高校や大学の場合は受験のあと、合格の連絡をもらったらすぐに渡しましょう。

お友達や知人の子供に入学祝いを贈る場合には?

現金よりも品物でのプレゼントが多いようです。

小学生に送るプレゼントは…。

男のコ→時計、図鑑、地球儀、名入れ鉛筆

女のコ→時計、財布、ポシェット、ハンカチ

中学生に送るプレゼント…。

男のコ→電子辞書、腕時計、財布、ボールペン

女のコ→ポーチ、腕時計、ハンカチ、電子辞書

高校生に送るプレゼント…。

男のコ→腕時計、財布、パスケース、音楽プレーヤー

女のコ→財布、腕時計、化粧品、パスケース、ポーチ

大学生に送るプレゼント…。

男のコ→財布、パスケース、キーケース、腕時計、トートバッグ

女のコ→腕時計、財布、トートバッグ、キーケース、ポーチ

最後に

入学祝いの相場を調べてみましたが、参考になりましたでしょうか。
貰う方は嬉しいけれど、用意する方はなかなか大変ですよね。
多く贈れる人は多く渡してあげればいいし、少なかったとしてもお祝いの気持ちが伝われば良いと思います。

[st-card id=710 label=’祝!御入学’ name=’入学祝い!のし袋の書き方と選び方の覚え書き。注意点はコレ!’]