アウトドア

準備万端で楽しもう!海水浴の持ち物とは?〜子連れ編〜

夏の暑いときには、海水浴に行きたくなりますよね☀

家族でワイワイ海で泳ぐのも楽しいです。

海へ行くときは、ついつい荷物が多くなりがちですが、まだ小学校に入る前の子供を連れて行く場合、何を持っていけばいいでしょうか?

リストを作ってみました。

一覧でわかりやすい!海水浴の持ち物リスト

1.水着

これがないと泳げませんね。

2.着替え
(下着、Tシャツ、しわになりにくいズボン、女性の方は、頭からかぶって着るワンピースなど)

最低でも、1枚ずつ持っていきましょう。

女性の方は、かぶって着るワンピースを持っていくと、着替えるときに、大変便利です。

3.羽織もの

海は、日差しが強いので、羽織ものは必須です。

4.バスタオル、フェイスタオルなど

濡れた髪や体をふいたりするのに、必要ですね。

少し多目に持っていきましょう。

5.日焼け止め

泳ぐ前後、汗をかいた後などに必ず塗りましょう。

短時間でも、海ではすぐに日焼けしてしまいます。

日焼けしやすい方は、ひどいと水ぶくれになってしまいますので、忘れずに塗りましょう。

お子さん用には、肌にやさしい物を選ぶとよいでしょう。

6.ウエットティッシュ

食べ物をこぼしたときなど、あると便利です。

砂で汚れたときも、ふくことができますね。

7.帽子、サングラス

紫外線防止に必要ですね。

日光を直接見ると目を痛めるので、サングラスをかけたほうがいいですね。

頭も暑くなりますので帽子も必須です。

女性の方はつばの長いものをかぶりましょう。

日焼け防止にもつながります。

8.シャンプー、リンス、ボディーソープ

海から上がった後砂や海水を洗い流しましょう。

9.髪を結ぶゴム

髪が長い方は邪魔になりますので、忘れずに持っていきましょう。

10.ビニールシート

シートがないと汚れてしまいますね。

風で飛んでいきますので少し厚手のものがいいでしょう。

11.ビーチサンダル

砂で汚れますのでこれも必須アイテムですね。

靴を履き替える必要がない場合は家から履いていきましょう。

12.ビニール袋

海で出たゴミを入れたり、濡れたものを入れるのに便利です。

海へ行く途中、レジ袋などを手に入れたら捨てずに持って行きましょう。

13.絆創膏

思わずケガをしてしまうこともありますので持っていきましょう。

特に、小さいお子さんは色んな物をつかんでしまうので、ケガしやすいですよね❗

14.浮き輪

小さく折り畳めてかさばらないので持っていきましょう。

お子さん用を初め泳げないパパもいたら😉その分も合わせて、準備しましょう。

海水浴の持ち物にはこれがあると便利

・目薬

目に砂やゴミが入ったりすることがあります。

できれば持っていきましょう。

・ゴーグル

水の中で目が開けられないお子さんも、これなら大丈夫!

・空のペットボトル

中に水を入れて手足などが汚れたときに洗い流しましょう。

・お菓子、飲み物

お子さんがぐずるときにあったほうがいいですね。

飲み物はたくさん買うと荷物になるので、なるべく近くで調達するようにしましょう。

・ジップロックなどの閉じられる袋

水が入っては困るものを入れるのに便利です。

デジカメなど入れましょう。

携帯や財布など、貴重品は首からかけて持ち歩くようにしたほうがいいですね。

・保冷剤

飲み物など冷やしておきたいものと一緒に入れておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

リストを参考にして忘れ物がないようにしっかりチェックして海水浴にお出かけくださいね🌞

くれぐれも親子共々⁉迷子にならないように気をつけましょう✨

読んでいただきありがとうございました。