子育て

知らないと危険なダニ・・・正しい対策で赤ちゃんを守ろう!

皆さん、知っていますか?

ダニは気温25℃、湿度60%になると、爆発的に繁殖しはじめます。

そう、梅雨の時期が一番繁殖しやすい時期なんです。

ダニに噛まれるのも怖いですが、ダニの死骸やフンが、喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギーを引き起こす原因物質になるんです。

怖いですね😭

赤ちゃんがいるご家庭では、なおさら不安ですよね😓

ダニ対策は、「生きたダニの除去」「ダニの死骸、フンの処理」の2つの対策が必要です。

今回は赤ちゃんに使える対策を、ご紹介したいと思います。

赤ちゃんにも使えるダニ対策スプレーとは?

家の中で一番ダニが発生しやすいのは、どこだと思いますか?

正解は 布団やまくらです。

ダニのえさは、人の皮膚やアカなど、人の肌が触れる場所で、繁殖しやすいんですね。

寝ている時に、寝返りを打ったり、布団の上げ下ろしをするだけでも、ダニの死骸やフンは、空気中に舞って、床に落ちてしまいます。

怖いですね😭

掃除機を使っても、ダニの死骸やフンは吸いとれますが、生きたダニはほとんど吸えません。

生きたダニを退治しないと、また新しいダニの死骸やフンが増えてしまうので、根本的な対策とはいえないんですね。

そんな時に活躍してくれるのが、防ダニスプレーです。

布団やまくら、ぬいぐるみ、ソファなど布製のものに吹きかけることができます。

速乾性があり、スプレー後にベタつきません。

また、1回吹きかけると、ダニ予防効果が約1か月程度続きます。

スプレーして1時間ぐらいで、ダニは死滅してしまうそうです。

掃除機をかけるのは、ダニが死滅してからのほうがよいので、スプレーを吹きかけてから、1時間ほど置いてから、掃除機をかけてみてくださいね。

赤ちゃんにも使えるダニ対策グッズとは?

丸洗いできないような布製品には、マット、シート状のものがおすすめです。

香料が入っているタイプで、ダニが嫌いなメントールの香りのものもあります。

その香りで、ダニを寄せつけないようにしています。

また、布団乾燥機もおすすめです。

ダニは熱に弱いため、50℃以上の熱を20~30分当てると死滅し、60℃以上の熱なら、一瞬で死滅するそうです。

使う場所に応じたグッズを使ってみましょう。

シートタイプなどは、使用期限があったり、使用上の注意点などがありますので、よく読んで、お使いください。

まとめ

赤ちゃんは、大人に比べて肌も敏感なので、こまめに部屋の掃除をし、ダニ対策をしっかりやるようにしたいですね‼

読んでいただきありがとうございました。