イベント・お祭り

予約は先手必勝!?屋形船で楽しめる隅田川花火大会

1733年(享保18年)に始まった花火大会、それが隅田川花火大会です。

第一会場と第二会場、併せて22,000発の花火が夜空を飾ります。

歴史ある、有名な花火大会ですよね。

開催日時や詳細場所などは、台東区ホームページに記載されています。

http://www.city.taito.lg.jp/index/event/kanko/index.html

そちらでご確認下さい。

乗り合いで新たな出会いも?屋形船から見る隅田川花火大会について

屋形船は非日常の空間。

しかも、夜空に見えるのはキレイに輝く花火。

その上、屋形船は一度出航すると、到着するまでゆっくり時間があります。

素敵な方を見かけたら、勇気を出して声をかけてみませんか?

夜空に輝く花火も、あなたを応援してくれるかもしれませんね。

屋形船のお値段は?

花火大会の日は、当然いつもよりお値段が上がります。

しかも、隅田川花火大会の日の屋形船は、屋形船の中から花火を楽しむことを目的とされたコースが殆どのため、船の中で花火を見ながら飲食も楽しむコースが多いです。

そのため、屋形船の乗船代に加えて、食事代と飲み物代も別に必要となります。

リーズナブルな料金で行こう!屋形船でゆったりした気分で隅田川花火大会を楽しもう!

食事も飲み物も不要という方へ、もちろんそのような乗り合いコースもあります。

ですが、自分たちでお茶を持ち込みたい。

あるいは、軽いおつまみを持ち込みたい。

食事も飲み物もついていないコースですから、そう思う方もおられますよね。

屋形船へ自分たちで飲食を持ち込むことは、船によって可能・不可能がありますので、必ずご予約時に事前確認をしてください。

その事前予約ですが、色々なところで隅田川の屋形船予約が出来ます。

なお、隅田川花火大会の日はやはり混雑が予想されます。

事前予約は必須です。

今年は奮発しちゃう?屋形船の貸し切りも出来ます

屋形船の貸切は、企業の方や毎年の常連客が多いのですが、空きがあれば貸切予約も可能です。

東京スカイツリーから楽しんでみる!?眼下に広がる花火と屋形船

残念ながら、隅田川花火大会の日に屋形船を予約出来なかった…。

そんな方も少なくないハズ。

こちらは参加出来る人数制限がありますが、東京スカイツリーから隅田川花火大会を眺めるプランもあります。

まとめ

隅田川花火大会開催日に乗船の屋形船は、ネットからも予約はできますが、電話予約の方が便利です。

乗船人数を伝えると、場合によっては予約可能になる事もあるからです。

また電話予約の際、雨天中止時などの返金方法も念の為に確認しておきましょう。

そして花火大会当日、天候が怪しい時は電話確認して出掛けた方がいいでしょう。

それでは、花火大会当日は大変混雑する日ですので、ケガをせず花火を楽しんで来て下さい。