パソコン

Windows7からWindows8.1へのアップデート方法

Win7→Win8.1

最初に断っておきますが、2020年の時点でWindows7をWindows8にアップデートすることは無意味です。

なぜなら無料でWindows10にアップグレードできるから。

そして、Windows8の場合は買わないといけないからです。

Windows7→10なら無料。

Windows7→8だと有料。

 

無料で8にアップグレードできるとしたらこのパターン。

元々Windows8のパソコンをダウングレードしてWindows7で使っている。

この場合はWindows8のインストールディスクが付いているはずです。

ただし、データを入れ直すことになるのでデータが全て消えてなくなります。

バックアップは必須です。

 

まぁ今さらではありますが、Windows7から8.1にアップグレードする方法をメモしておきます。

Win7→Win8.1

上でも書いたとおり、ダウングレード版の7でない限りはお金が掛かります。

といっても、8.1のインストールディスクがヤフオクで500円で売られているのを発見しました。

プロダクトキーも付いているのでクリーンインストールするならこれで大丈夫です。

まずはこれを手に入れましょう。

8から8.1にアップデートするのもめんどくさいですしね。

ヤフオクで「Windows8 インストールディスク」と検索すれば見つかります。

入札者がいるところを見ると需要はあるみたい(^_^;)

データはバックアップしておいて、あとはディスクを入れてインストールさせれば良いだけです。

 

どうせならこのタイミングでHDDをSSDに変えてしまったほうがより良いでしょう。

あわせて読みたい
自分でパソコンのHDDをSSDへ交換する方法ーSSD換装マニュアル☆2021年最新版こちらのページでは自分でHDDをSSDに換装する方法を紹介しています。 HDDからSSDへの交換と聞くと一気に難易度が上がるように...

そうすればわざわざデータのバックアップなどしなくても取り外したHDDを外付けにすればいいわけですしね。