価格.com

価格.comで確認しよう!テレビを買うなら詳細まで要確認!?

価格.comではたくさんのテレビを比較することができます。

各メーカーやそれぞれのインチごとに対して比較をし、価格や機能面からしておすすめできる商品をご紹介いたします。

価格.comのテレビ、4K対応で人気のメーカーは?

3Dテレビが出てきたと思っていたら、今は「4Kテレビ」、「有機ELテレビ」という、見ているだけでうっとりするような画質のテレビが主流となっています。

4Kテレビとは?

4KのKは「キロ」の略語で「千」を意味しています。
画面に並でいる「画素」と呼ばれる光の粒が横に約4000あるため「4Kテレビ」と言われているので、色鮮やかで立体感ある映像を楽しめます。

4Kテレビメーカーで人気の3社の商品をご紹介します。

①Panasonic(パナソニック) VIERA(ビエラ)

☆おすすめのポイント:鮮やかな色を出すところ

鮮やかな明るい色を、上下左右のどこからでもくっきりと見られる「IPS LED液晶パネル」という、広視野角のパネルが搭載されています。

映像本来の色に忠実な広い色彩を実現するために、「ヘキサクロマドライブ」が搭載されていて、まるで目の前に広がる迫力の色彩が忠実に再現されています。

ビエラの上位機種には、パネル技術が採用されているので、「私は美しい色合いの画面を重視したい」という方には、ビエラがとってもおすすめです。

おすすめの機種は、IPS LED液晶パネルで、臨場感ある豊かな低音が実現できる「ダイナミック サウンドシステム」が搭載された「EX750シリーズ」です。

映画も音楽も、映像と一体化する音響を楽しみたい方は、ぜひご検討ください。

②ソニー (ブラビア)

☆おすすめのポイント:「直下型のLEDバックライト」搭載

シーンに応じて不要な発光を抑えることで高いコントラスト比を実現し、暗いシーンでの奥行き感は抜群に優れていて、美しい映像を映し出すことが可能です。

また「トリルミナスディスプレイ」で、今まで表現しきれなかった繊細な色のニュアンスも出せるようになっています。

色対決でビエラとブラビアを比べると、奥行き感は圧倒的にブラビアの方が上でした。

おすすめは「X9500E」シリーズで、高コントラストでつややかで上質な輝きのある映像を実現し、リアルな黒と美しい映像が再現されています。

「ハイレゾ対応」という、まるでコンサートホールで聴いているような、心に響くリアルな臨場感を堪能することができます。

この機能は「X9500E」のみです。

高コントラストで臨場感ある映像を楽しみたい方には、ソニーのブラビアがとってもおすすめです。

③東芝 (レグザ)

☆おすすめのポイント:見たい番組を再生できるタイムシフトマシン

東芝のレグザで1番の売りで「最大の発明」と言われているのは、放送済みの過去番組表から見たい番組をすぐに再生ができる「タイムシフトマシン」です。

録画の手間が省けあらゆる番組を保存でき、時間を選ばずに好きな番組を視聴できるのはまさにテレビ界の革命です。

しかし別売のタイムシフトマシン対応のUSBハードディスクが必要ですので、本体以外の予算を組んでおく必要があります。

またレグザは全面直下型LEDを採用していますので、エッジ型という部分型のLEDより、まったく輝きが異なります。

X910、Z810X、BZ710Xは、4K放送対応のスカパーチューナーが内蔵されているので、YouTubeやひかりTV4Kなどがこのテレビ1台で楽しむことが可能です。

テレビを見たい時にリアルタイムで見られない忙しい方には、この東芝のレグザがとってもおすすめです。

1番のおすすめは、全画面直下LEDバックライトがついて、リアルで立体的な肌の質感を再現でき、タイムシフトマシーンがついた「Z810」シリーズです。

「SNSで話題の昨日の地デジが見たい!」「今放送している番組を最初から見たい!」という方には東芝の4Kテレビがおすすめです。

価格.comのテレビ、有機ELは探せる?

価格.comで有機ELテレビを探すことはできます。

有機ELテレビは、一般的なテレビと比べてどのような性質をもっているのでしょうか?

有機ELテレビとは?

圧倒的にコントラスト比が高い有機ELテレビが映し出す映像は色鮮やかです。

また、一つ一つの素子が発光するため、バックライトで画面を光らせている液晶テレビでは実現できない真実の「黒」も再現してくれます。

また、液晶のようにバックライトで照らしているとどうしても生じてしまう「色ムラ」も、自発光の有機ELテレビでは無縁です。

好きな作品を有機ELテレビで再び鑑賞をすれば、作り手が表現したかった真実の映像が見えてくるでしょう。

そういうことから映画やドラマを観るのにとてもおすすめです。

家電量販店で実際の目で見比べるとよく分かりますが、有機ELテレビは誰が見ても明らかなくらい「高画質」です。

今のテレビは高機能、高画質のものが多く液晶テレビ同士の差など微々たるものですが、有機ELは全然違います。

価格.comのテレビ、24インチのオススメは?

価格.comのテレビで24インチのおすすめの商品をご紹介します。

☆シャープ AQUOS LC-24P5-B [24インチ ブラック系]

・最安値価格(税込)27,302円

・USB HDDへの裏番組録画に対応しているテレビ(24V型)

【売れ筋ランキング】

・薄型テレビ 57位(3612製品中)

価格.comのテレビ、32インチのオススメは?

価格.comのテレビで32インチのおすすめの商品をご紹介します。

☆東芝 REGZA 32S21 [32インチ]

・最安値価格(税込)30,308円

・デジタル放送のブロックノイズやモスキートノイズを低減する「地デジノイズクリア」機能を搭載した、32型液晶テレビ。

・テレビの前面に「クリアダイレクトスピーカー」を配置し、まるで前に飛び出してくるかのような臨場感あふれるサウンドが楽しめる。

・ゲームには必要な高画質処理を行うことができ、画像処理の遅延時間を約0.83msecに短縮する「瞬速ゲームダイレクト」機能に対応しています。

【売れ筋ランキング】

・薄型テレビ6位(3612製品中)

価格.comのテレビ、40インチのオススメは?

価格.comのテレビで40インチのおすすめの商品をご紹介します。

☆東芝 REGZA 40M510X [40インチ ブラック]

・最安値価格(税込)76,800円

・人肌を再現する「美肌リアライザー」や、地上デジタル放送の映像を高繊細に再現する「地デジビューティ」を搭載した4K液晶テレビ。

・新開発された「クリアブラックパネル」を採用することで、引き締まった黒と精細感ある高画質を実現している。

・東芝サンキヨーと共同開発した新開発のスピーカーをテレビの前面に配置することで、低域から高域まで透明感のある響きと厚みのある豊かなサウンドを再現。

【売れ筋ランキング】

・薄型テレビ10位(3612製品中)

価格.comのテレビ、50インチのオススメは?

価格.comのテレビで50インチのおすすめの商品をご紹介します。

☆東芝 REGZA 50M510X [50インチ]

・最安値価格(税込)89,780円

・人肌を再現する「美肌リアライザー」や、地上デジタル放送の映像を高繊細に再現する「地デジビューティ」を搭載した4K液晶テレビ。

・新開発された「クリアブラックパネル」を採用することで、引き締まった黒と精細感ある高画質を実現している。

・東芝サンキヨーと共同開発した新開発のスピーカーをテレビの前面に配置することで、低域から高域まで透明感のある響きと厚みのある豊かなサウンドを再現。

【売れ筋ランキング】

・薄型テレビ3位(3612製品中)

価格.comのテレビ、55インチのオススメは?

価格.comのテレビで55インチのおすすめの商品をご紹介します。

☆SONY  BRAVIA KJ-55X8500E [55インチ]

・最安値価格(税込)116,480円

・色々な映像をHDR相当にアップコンバートする「HDRリマスター」や階調変換
機能「Super Bit Mapping 4K HDR」を備えた、「HDR X1」採用の4K液晶テレビ。

・放送やインターネット動画の圧縮音声など2チャンネルの音源を、CD以上(48kHz/24bit)にアップスケーリングする「DSEE」に対応。

【売れ筋ランキング】

・薄型テレビ2位(3612製品中)

価格.comのテレビ、60インチのオススメは?

価格.comのテレビで60インチのおすすめの商品をご紹介します。

☆シャープ AQUOS LC-60U45 [60インチ]

・最安値価格(税込)121,666円

・「AQUOS 4K」スタンダードライン 60V型モデル

【売れ筋ランキング】

・薄型テレビ8位(3612製品中)

価格.comのテレビ、東芝のウリはここ!特徴や口コミ

価格.comのテレビで、東芝のおすすめの製品の特長や口コミをご紹介します。

☆東芝 REGZA 50M510X [50インチ]

・最安値価格(税込)89,780円

●画面サイズ:50インチ
●フルハイビジョン:対応
●4K:対応

・リアルな人肌を再現する「美肌リアライザー」や、地上デジタル放送の映像を高精
細に再現する「地デジビューティ」を搭載した4K液晶テレビ。

・新開発の「クリアブラックパネル」を採用することで、引き締まった黒と精細感あ
る高画質を実現している。

・オンキョーと共同開発をしたスピーカーをテレビの前面に配置することで、透明感のある響きと厚みのある豊かなサウンドを再現。

【売れ筋ランキング】

・薄型テレビ3位(3612製品)

☆特長

◎美肌高画質・・・肌の質感をキレイにみせ、リアルに再現。

◎地デジ高画質・・・地デジをより透明感あるクリアな美しさで楽しめる。

◎4Kゲーム・ターボ・・・驚きのレスポンスの速さでゲームをより快適に。

◎次みるナビ・・・録画番組、ネット動画などから、つぎ見たい番組をダイレクトに表示。

◎省エネ設計・・・大画面&高画質なのに電力も節電。

☆口コミ

3台目のレグザ

【操作性】
レスポンスが早いです。

【音質】
前面スピーカーは声が聞き取りにくくて低音が弱い感じがします。

【機能性】
内蔵の動画配信サービスが便利で、これまでAmazon Fire TV 4Kを使用していましたが、不要となりました。

【サイズ】
コンパクトだと思います。

【まとめ】
満足の1台です。4K映像を楽しみたいです。今回は不具合が起きませんように。5年は持ってほしい。

価格.comのテレビ、ソニーのウリはここ!特徴や口コミ

価格.comのテレビで、SONYのおすすめの製品の特長や口コミをご紹介します。

☆SONY  BRAVIA KJ-49X9000E [49インチ]

・最安値価格(税込)109,109円

●画面サイズ:49インチ
●フルハイビジョン:対応
●4K:対応

・色々な映像をHDR相当にアップコンバートする「HDRリマスター」や階調変換
機能「Super Bit Mapping 4K HDR」を備えた、「HDR X1」採用の4K液晶テレビ。

・消費電力をかけずに、高いコントラスト表現が可能な高輝度技術「X-tended
Dynamic Range PRO」や広色域技術「トリルミナスディスプレイ」を採用。

・放送やインターネット動画の圧縮音声など2チャンネルの音源を、CD以上(48kHz/24bit)にアップスケーリングする「DSEE」に対応。

【部門別ランキング】

・4K対応1位
・フルハイビジョン対応1位
・直下型LED 1位
・外付けHDD録画1位

【売れ筋ランキング】

・薄型テレビ1位(3612製品中)

☆特長

◎映像信号を高精度に分析し、最適な画像処理を行う4K高画質プロセッサーを搭載

4Kの美しさを高める4K高画質プロセッサー「HDR X1(エイチディーアール エックスワン)」を搭載。

画質の3大要素である精細感、色の鮮やかさ、コントラストを向上し高画質機能をより細かくコントロールします。

さらに、さまざまな映像を高コントラストなHDR相当の画質でリアルに描く「HDRリマスター」、豊かな階調表現でなめらかな色表現を実現する「Super Bit Mapping 4K HDR」が映像の美しさを高めます。

◎直下型LED部分駆動とソニー独自の高輝度技術により、高コントラストな映像を実現

ソニー独自のアルゴリズムに基づいて映像の暗い部分の電流を明るい部分に集中。

LEDバックライトを液晶パネル下に配置しているため、映像全体を小さなブロックに分けてコントロールすることで、きめ細かな明暗を描写を可能にする「直下型LED部分駆動」と連携することで、「X-tended Dynamic Range PRO」非搭載モデルの約5倍コントラストを体感することが可能となりました。

◎HDR(ハイダイナミックレンジ)信号に対応、ソニー独自の高画質技術により、映像本来の明るさ、コントラスト、鮮やかな色を再現

HDR(ハイダイナミックレンジ)信号に対応。

自然界や現実の世界がもつ、本来の明るさ・コントラスト・鮮やかな色の情報を最大限に再現することで、よりリアルな映像を楽しめます。

HDRは、これまでは映像が送られてくる過程で圧縮により失われた情報を、可能な限りそのまま表現でき、光や金属の輝き、暗い場所での色彩表現が大幅に向上。

また、「直下型LED部分駆動」や「X-tended Dynamic Range PRO(エクステンディッド ダイナミックレンジ プロ)」との連携により、かつてない高コントラストを実現。

◎さまざまな映像をHDR相当の高コントラストに「HDRリマスター」

映像中に、被写体に応じてコントラストを向上させるオブジェクト型の映像処理を実現。

色々な映像をHDR相当のコントラストにまでアップコンバートすることができ、明るい空の色合いや、浮かぶ雲の立体感、そして花びらの質感など、まるで目の前にあるかのような表現を可能にしました。

☆口コミ

買って満足です!

【操作性】
多少もっさりしています。リモコンのボタンは小さくて使いにくいので、ひかりTVのリモコン(もちろん音声対応)を使っています。

【画質】
10年前のテレビと比べると、今回のテレビは比較にならないほど綺麗です。4K映像は、ひかりTVの4K対応番組(当然、4K対応チューナーで4Kアップコンバート済)しか見ていませんが、画像の奥行きの深さと臨場感は特質物です。

【応答性能】
激しい動きには対応できておらず残像が少し出る気がします。が、私は気になりませんでした。

【機能性】
ひかりTVで満足しており、その他のNetflix,,Amazonビデオ,アクトビラ,Hulu,YouTube,などは試しておりません。

【総評】
5月上旬に届きましたが、現時点でのコスパを考えるなら4K液晶では最高の品だと思っています。

価格.comのテレビ、パナソニックのウリはここ!特徴や口コミ

価格.comのテレビで、パナソニックのおすすめの製品の特長や口コミをご紹介します。

☆パナソニック VIERA TH-49EX750 [49インチ]

・最安値価格(税込)106,978円

●画面サイズ:49インチ
●フルハイビジョン:対応
●4K:対応
●倍速液晶:倍速駆動

・パナソニック独自の技術「ヘキサクロマドライブ」により、明るく色鮮やかな美しい映像を実現し、臨場感が向上した4K液晶テレビ。

・バックライトエリア制御や画像処理エンジンによるコントラスト補正で黒つぶれを改善して、コントラスト性能が向上している。

【売れ筋ランキング】

・薄型テレビ4位(3612製品中)

☆特長

◎有機ELのポテンシャルを引き出す。

匠の感性と従来の倍以上の検査を経た生産工程。

開発設計の理想を、製品として現実のものとするために、有機ELというデバイスに対応し生産工程も一新。
従来の液晶テレビの2倍以上にもなる品質検査項目と、エイジングなどの工程を経て有機ELのポテンシャルが最大限に引き出されてゆきます。

最新のビジュアルセンシングや独自の測定ツールによる画質チェックはもちろん、最後に頼られるのは感性としての匠の目。

かつて有機ELと同様に自発光方式であったプラズマテレビの生産で培われたノウハウが、ここでも活かされています。

◎母なる高画質回路基板への混載実装。

精密を突きつめた先端のオートメーション。

4K有機ELビエラならではの映像クオリティをかなえる要となるマザーボード、「ヘキサクロマドライブ プラス」を実装する高画質回路基板の生産工程は、混載実装による高度に精密化された最新のファクトリーオートメーションによって内製化。

まさに「日本製」として、4K有機ELビエラの中枢部も、ここ栃木県のパナソニック モノづくり革新センター(宇都宮)において産声をあげ、人の手によってとりあげられ、最終の生産工程へと引き継がれているのです。

◎厳しい日本基準に応えるベストチームワーク

半世紀を超える歴史で研鑽された技のプレミアム。

半世紀の歴史を誇るパナソニック モノづくり革新センター(宇都宮)は、世界各地のグループ工場でビエラを製造するための生産工程そのものを構築しているグローバルなマザー工場でもあります。

生産工程は要素単位で細分化され、各工程のスペシャリストのみが携わることができます。

生産工程は、熟練の匠のノウハウを次世代へと伝承する技術教育から始まるのです。

そして、日本ならではの精鋭のチームワークによって、4K有機ELビエラとして現実の製品となるのです。

◎色彩も輝度も原画忠実の思想をもつ。

「美の巨匠」がビエラのなかに。

有機ELパネルならではの、研ぎ澄まされた繊細な薄さを体現しながらも、その筐体内部には緻密な開発・設計による先進構造が秘められています。

その代表格は、大画面に描き出される映像美を細部までつかさどる高画質映像処理基板。

その中枢こそ有機ELビエラに搭載されている高性能プロセッサ「ヘキサクロマドライブ プラス」。

◎有機ELパネルのためだけの安定をもたらす。

高画質を電源供給から支える。

自発光方式の有機ELパネルは緻密さが要求されます。

低輝度からピーク輝度まで低リップル電圧で、安定した電圧供給によって、歪みやムラのない自然な発光を実現します。

筐体設計の制約に応えた小型化と、トランスにはLLC(共振)方式、整流には同期整流方式を採用し、高効率化による省エネまでも実現しました。

◎高画質そして音質までも両立する。

映像と音に、清らかな電源供給を映像表示のためのパネルの電源装置を専用化するとともに、オーディオ電源をはじめとするデジタル回路専用の電源装置を搭載。

パネル駆動電源との相互の干渉を抑えてデジタルノイズを低減し、高画質・高音質を実現します。

ふだん目に見えない電源供給においては、それぞれに特化しながらも、映像と音として具現化するときには、一体となって臨場感をもたらすのです。

☆口コミ

買い直して正解

【操作性】
操作上に特に問題はありません。

【画質】
先に初期不良で返品したREGZAに比べて写り込みが少ないのは、結果的に画質云々よりも見やすいという点でよくなっています。

【音質】
しょぼいです、残念ながら。

【応答性能】
特に問題を感じません。

【サイズ】
TV台にちょうど収まるサイズなのでちょうどいい。

【総評】
全体的にバランスが取れているTVだと思います。50型の液晶TVで4K対応機がこんなに安いなんてコスパがよすぎます。

最後に

「テレビ」は今も昔も食卓、家族のだんらんの場にはかかせないものですよね。

もし、テレビのご購入を検討されている方はぜひ価格.comを参考にされてみてはいかがでしょうか。