飛行機

飛行機で家族旅行へ! 幼児2名連れの予約はどうしたらいいの?

子供がまだ小さい頃は、子供用の荷物なども多いので移動は車が便利なのでしょうが、車の移動は交通渋滞などで時間が読めず、余計に疲れてしまう事があります。

今では小さい子供を連れて海外旅行へ行く機会も増えていますので、きっと車の移動より飛行機の移動の方が多くなっている事と思います。

飛行機の幼児2名連れのお客さま用シートを予約しよう!JAL編

JAL予約シートマップには、「幼児2名連れのお客さま用」という座席があります。

また、座席を使用しない3歳未満の幼児2名連れの方は、「幼児2名連れの方優先座席」がありますので、そちらをご利用下さい。

但し、JALホームページでは大人1人につき幼児2名の予約が出来ないため、JAL国内線ご予約・ご購入・ご案内をご利用下さい。

飛行機の幼児2名連れのお客さま用シートを予約しよう!ANA編

大人1名につき、幼児は2名まで同伴で搭乗出来ますが、うち1名は大人の膝の上に座る形で、もう1名は座席の確保が必要となります。

幼児2名連れのご夫婦が横並びに座れない事がある

幼児1名に対して1座席を予約する場合は問題ないのですが、まだ幼くて大人の膝の上に幼児を座らせる形での搭乗、この場合の幼児2名連れのご夫婦が横並びに座席指定出来ないことがあります。

それは、万が一の時に上から下りてくる酸素ボンベ、その酸素ボンベの関係で出来ないことがあるのです。

赤ちゃんはいつから飛行機に乗れるの?

ところで、赤ちゃんはいつから飛行機に乗れるのでしょう?

国内線も国際線も、生後8日以降から飛行機に乗ることは可能です。

但し新生児期は病気などの免疫力も強くありませんので、出来れば生後1ヶ月以上たってからの方がいいでしょう。

赤ちゃん向けのサービス

JALの場合、電話予約の際にチャイルドシートをお願いしておくと、無料で借りることが可能です。

そしてJAL・ANA共に、空港内ではベビーカーを借りることが出来ます。

そして機内では、JAL・ANA共におむつ替え専用テーブルがありますので、そちらをご利用出来ます。

幼児連れの方はご注意下さい

幼児はまだ耳管が狭いですので、気圧の関係で起こる空気の収縮や膨張がうまく出来ません。

いわゆる、「耳抜き」の事です。その点を注意してあげて下さい。

まとめ

小さい頃から飛行機で家族旅行、素敵ですね。

子供にとっても快適な飛行機の旅となるためにも、航空会社の色々な幼児サービスを利用の上、素敵な思い出を作って下さい。