熱中症

この症状が!?頭痛に始まる熱中症対策

この数年で、夏の暑さも変わってきましたね。

私が子供の頃は、夏の朝は少し肌寒く、日中も30℃を越えることは稀でしたが、現在は35℃越えも当たり前になってきました。

今回は、この暑い時期に起こりやすい熱中症について、学んでいきましょう。

吐き気を催すことも?熱中症の代表的な症状

①めまいや顔のほてり

特にめまいは、熱中症の初期症状!

②筋肉痛や筋肉のけいれん

「こむらがえり」と呼ばれる手足の筋肉がつる。

手足のしびれも熱中症の疑いあり!

③体のだるさや吐き気

④汗のかき方がおかしい

ふいてもふいても汗が出る、全く汗がでないなど。

⑤体温が高い、皮膚の異常

体温が高くて、皮膚を触るととても熱い。

皮膚が赤く乾いている など。

⑥呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

重度の熱中症です。医療機関をすぐ受診しましょう。

⑦水分補給ができない

呼びかけに反応しなかったり、自分で水分補給することができない。

この場合は、無理に水分を口から飲ませたりせず、すぐに医療機関を受診しましょう。

※意識がはっきりしている場合は

・安全で涼しい場所へ移動させる。

・横になって、足を10センチ程度高くして、休ませる。

・保冷剤やペットボトルなどに、タオルやハンカチを巻いて、体を冷やす。
(太い血管の通る首筋や脇の下を冷やすと効果的)

・水分補給をする。
(スポーツドリンク又は0.1~0.2%の濃度の食塩水)→1リットルの水に対して1、2gの食塩を加えたもの。

・自分で上手く水分が飲めないときや、嘔吐の症状があれば、すぐ医療機関を受診しましょう。

特に、高齢者の方スポーツをする方屋外で作業をする方は、こまめに水分補給をするように心がけましょう!

子供にはこんな症状も?熱中症で起こる体の不調

子供の場合は、体調の異変を言葉にできないこともあるので、回りの保護者や大人がその異変に気づいてあげなければいけません。

子供の熱中症の初期症状として…

・頭痛(ガンガンする、ズキズキする)
※症状を訴えられない子供の場合は、泣くこともあります。
・嘔吐
・発熱、汗をかく
・子供の元気がない、ぐったりしている
・めまい
・体が痛む
・目の焦点が合っていない

などがあります。

意識がない、体がけいれんしているときはすぐに医療機関へ!

特にスポーツに熱中している子供など、注意が必要です。

季節外れの暑さにも注意!!

体が急な暑さに慣れず、熱中症になりやすいそうです。

真夏以外の季節も、熱中症対策するようにしましょう。

まとめ

熱中症も、初期のうちに手当てをすれば、大事には至りません。

日頃から、こまめな水分補給を心がけ、熱中症を予防しましょう。