facebook

facebook(フェイスブック)の登録方法と楽しみ方

facebookとは

実名で登録し、実際の知り合いとインターネット上でつながることができるサービス。基本的には仲間内で交流を深めるための交換日記がオンライン上でできると考えてもらうと分かりやすいかと思います。登録は無料です。
名前で検索すれば、音信不通になってしまった友達や知り合いを見つけられることもあります。同窓会や同期会、県人会などのグループを作って利用されたりもします。

facebookの登録に必要なもの

パソコンの場合

・メールアドレス
・任意のパスワード(自分で決める)

パソコンのメールアドレスで登録する際にプロバイダ(OCNやbiglobe、niftyなど)のメールで登録してしまうとプロバイダを乗り換えてメールアドレスが変わった時ににかなり面倒くさいことになってしまうのでGmailやYahooメールなどで登録することをオススメします。

スマホやタブレットの場合

・メールアドレス
・電話番号
・任意のパスワード(自分で決める)

スマホやタブレットでメールアドレスを登録する際にDocomo・au・Softbankのキャリアメールを使ってしまうと携帯会社を変えてメールアドレスが変わった時にかなり面倒くさいことになってしまうのでGmailやYahooメールなどで登録することをオススメします。




パソコンでfacebookに登録する方法

1.まずは、Webブラウザを起動しhttp://www.facebook.com/にアクセスします。

2.姓名やメールアドレス、パスワード(自分で決めるfacebook用のパスワード)、生年月日、性別などの情報を入力します。実名登録が基本ですが、偽名でも登録はできます。

3.[登録する]をクリックします。

4.既にfacebookに登録しているあなたの友達を探す画面です。最初はスキップしてしまって構いません。

5.プロフィール写真を登録する画面が表示されたら[写真を追加]をクリックします。載せても良い写真がなければとりあえずスキップで。

6.facebookの画面が表示されたらプライバシーなどの詳細設定を行いましょう。これも後から設定変更できます。

7.最初に入力したメールアドレスにfacebookから確認メールが届いているので「アカウントを認証」をクリックします。

8.登録完了です。




facebookの楽しみ方

流行っているから使ってみたけどイマイチ何すればいいのかよくわからない・・・という人も多いのですが、どのように楽しむのかは人それぞれだとも言えます。

facebookの最大の面白さを言葉で表すとしたら、「つながる」「共感する」この2つでしょう。

実名を使って友達とつながる。

自分の書いた日記や撮影した写真に友達から「いいね!」をしてもらう。その逆もしかり。

ブログやホームページでは情報発信はできたとしても、そこから誰かとつながりが持てたり、共感を示したりなんてことはできませんでした。それをボタン1つで可能にしたのがfacebookだったわけです。

では、具体的にfacebookで何をしたら楽しめるのか?について例を挙げてみましょう。

ポイントは誰とつながり、何を共感してもらいたいかという目的意識を持つことです。

今日の献立、作った料理、食べに行ったお店の料理の写真を載せてコメントを付ける

これが一番簡単で、友達からも「いいね!」してもらいやすいです。

ただ自分の食べているものを毎日晒し続けることになるので、料理の腕に自信がある人、食にこだわりのある人、ネタにして笑ってもらっても良いと思える心の余裕を持ち合わせている人じゃないと続かないでしょう。

これを続けることで、あなたは「料理好き」「料理上手」「グルメ」「食通」といったイメージを持ってもらえるようになり、料理やレストランに関する相談などを友達から受けるようになることでしょう。

子供や家族の成長の記録として使う

子供が生まれたからfacebookを始めるなんてのもありです。時系列で情報がまとまっていくので後から見返した時にも見やすいでしょう。

ただ、子供可愛さ故に親バカ垂れ流しになる可能性もあり、その場合は周りから見ていても鬱陶しく感じられることもあるのでコメントの載せ方には気を使った方が良いかと思います。

子供自慢になってしまうと見ている方も飽きてくるので、イベントや出来事、その時の心境をストーリー調で書いてあげると面白くなるでしょう。

作品発表の場として使う

アマチュア、セミプロレベルのアーティストの場合、誰かに作品を見てもらって評価してもらう場や機会があまりなかったりします。

facebookでつながってる友達に作品を見てもらい、「いいね!」をもらう。その友達が押してくれた「いいね!」は友達の友達にも広まる可能性があります。

歌手、アイドル、俳優、女優などの有名人のプライベートな情報を仕入れる

有名人はfacebookを主に宣伝目的で使っていますが、それでもプライベートな情報だったり、公式サイトでは載せてない情報をfacebookに載せることがあります。

贔屓にしているお店やブランドなんかも分かるかもしれません。好きな人のちょっとした日常を知ることができるのはファンとしては無常の喜びとなるでしょう。

いいね!をつければちょっとしたつながりを持てるところも嬉しいですね。

同じ趣味の仲間を見つけて情報交換・交流をする

趣味の仲間を見つけるためにfacebookを使うのも非常に有益な使い方です。

自分の周りに同じ趣味の仲間がいなくても、世界のどこかに同じ趣味を持つ人は必ずいます。そしてfacebookを使えば同じ趣味をもつ仲間とつながることができます。

釣り・DIY・車・鉄道・家電・ゲーム・アニメ・カフェ・スイーツ・ファッションなどなど、マニアックになればなるほど身近な人からの理解は得られなくなってくる可能性はありますが、あなたを理解し共感してくれる人は必ずいます。

そんな人を探してつながりを持てることもfacebookの醍醐味と言えるでしょう。