イベント・お祭り

今年もやってきた!!青森ねぶた祭2018年の日程は?

まもなく暑い夏がやってきますね。

夏休みの予定はお決まりですか?

暑い夏におすすめなのが、熱いお祭り、青森ねぶた祭りです!

参加した事がない人でも、一度は耳にした事のある名前じゃないでしょうか。

巨大な張子を乗せたねぶたの周りを、大勢のハネトと呼ばれる踊り子が、「らっせーらーらっせーらー」というかけ声をあげながら飛び跳ねます!

この迫力といったら圧巻です!

ねぶた祭りの起源は「眠り流し」という、暑い夏に睡魔や災厄を払う行事で、灯篭に眠気や悪霊を乗せて川や海へ流した、七月七日の七夕の夜に、穢れを海や川に流す禊として行われた、など諸説あるようです。

1980年(昭和55年)には、国の重要無形民俗文化財に指定されており、期間中は国内のみならず世界各地から約300万人が訪れる日本の代表的なお祭りです。

青森ねぶた祭りの日程は?

ねぶた祭りの日程は、8月1日に前夜祭、8月2日〜7日まで行われています。

この日程は、曜日に関わらず毎年同日開催されているようです。

青森ねぶた祭り2018年の開催場所は?

青森ねぶた祭りの開催場所は、JR青森駅を出てすぐの新町通りと、国道4号線の間です。

2日3日 夜 子どもねぶた 大型ねぶたの運行

4日5日6日 夜 大型ねぶたの運行

7日 昼 大型ねぶたの運行 夜 青森花火大会 ねぶた海上運行

となっています。

詳しくはコチラ!

青森ねぶた祭り2018年の花火大会はいつ?

青森ねぶた祭りの最終日、8月7日には、花火大会が行われます。

有料観覧席チケットを購入すると、巨大なねぶたと約1万1000発の花火との共演を
視界を邪魔される事なく見ることができます。

海上に現れるねぶたの中には審査で最高賞の「ねぶた大賞」を受賞したものもあるそうです!

花火は青森港西防波堤、北防波堤より打ち上げられます。

観覧席のチケットはA席、B席、C席に分かれており、料金は以下のとおりです。

A席 4000円(青い海公園、青い海公園西側、新中央埠頭共通)

B席 3500円(青い海公園、青い海公園西側、新中央埠頭共通)

C席 2000円(新中央埠頭のみ)

ねぶたが海上に現れるのは19時ごろ、花火は19時15分から21時まであがります。

雨天時は翌日に順延で、同日15時に決定するようです。

詳しくはこちら

まとめ

青森ねぶた祭2018の日程、場所、花火大会!

◯青森ねぶた祭りの開催日は8月2日〜7日(1日は前夜祭)

◯青森ねぶた祭りの会場は、JR青森駅を出てすぐの新町通りと、
国道4号線の間で行われる。

◯青森ねぶた祭りの最終日8月7日の夜に花火大会が行われる。
海上ねぶたと花火の共演を楽しむなら、有料チケットを購入しよう。