のりもの

今年は何がもらえるの?ANAの子供おもちゃ「2018年版」

飛行機に乗ると、小さな子供にはおもちゃが配られます。

大体年齢は、小学生低学年くらいまでの子供が対象です。

1家族に数人の子供がいても、対象年齢の子供なら1人1人に配ってもらえます。

ANAの子供おもちゃは毎年大人気!2018年は何がもらえるの?


路線によってもおもちゃの内容は異なるようです。

また飛行機で往復した場合、往路と復路でおもちゃが異なることもあるようです。

2018年のゴールデンウィークで、ANAに搭乗して子供が貰ったおもちゃの中では、空気で膨らませて遊ぶビニール製の飛行機のおもちゃ、あとトランプを貰った子供が多かったようです。

おもちゃはあくまでもサービス品です


子供だけではなく、大人にも興味が持てるおもちゃが中にはあります。

ですが飛行機の中で子供へ配られるおもちゃは、あくまでの子供へのサービス品です。

いつ配られるの?


おもちゃを配ってくれるキャビンアテンダントさんは、当然飛行機の中ではお仕事をしておられます。

そのため、子供へのおもちゃが配られるのは、離陸後のキャビンアテンダントさんのお仕事が一段落した時が多いようです。

飛行機の離陸後、しばらくするとドリンクサービスがあります。

そのドリンクサービスの後に配られる事が多いようですが、最初は飛行機に乗ってテンションが上がっている子供も、ドリンクを飲み終えた頃には段々飽きてきています。

そんな時におもちゃが配られると、子供がご機嫌斜めになる事がなくなるため、助かったと話すお母さん方が多いようです。

ANAの子供おもちゃがもらえなかった!その理由とは?


基本的に、小学生低学年くらいまでの子供には、おもちゃが1人1個配られます。

配っている途中に別のお客様から呼ばれたり、対象年齢の子供が窓から外を見て楽しんでいるので、その子供の邪魔にならないよう後回しにするなど、色々なケースがあります。

対象年齢の子供がまだおもちゃが貰えていない時は、キャビンアテンダントさんに声をかけてみましょう。

知っていると安心


ANAのホームページには、ベビー&キッズの飛行機旅のページがあります。

☆https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/domestic/support/family/baby-guide.html

こんな事をお願いしても大丈夫かなぁ?

そんな不安がある時は、こちらのページを参考にしてみて下さい。

まとめ


子供を連れて、飛行機に乗る機会もあると思いますが、飛行中の飛行機の中は閉鎖空間です。

子供がぐずってしまうと、周りへご迷惑がかかっていないか心配になります。

子供と一緒に飛行機の旅を楽しむためにも、事前に色々な準備もして、子供が飽きないよう工夫もしてみて下さいね。